• トップページ
  • お問い合せ
トップページ > まるかんのこだわり

三陸産の新鮮な海の幸をふんだんに使った自慢の旬の食材を生かした料理をご提供致します。三陸、北海道・三陸直送の刺身から毎日仕込む自家製干物、また豪快に焼き上げる炭火焼きは当店自慢の一品。「美味い魚を食べたい!」という方は是非一度お越しくださいませ。

またお席も職人技が光るカウンター席や、テーブル席、個室もご用意。それぞれのシーンに合わせたお席へご案内しております。なお週末時は混雑が予想されますので事前のご予約をおすすめいたします。

当店では、新鮮な旬の食材の旨みを引き出す特殊な装置を導入しております。通常の干物と違い「ソフトな干物を作れる」旨さにこだわる、まるかんになくてはならないハイテクな乾物を仕込む装置です。オゾンと紫外線も同時に放出しているため、更に除菌と消臭力で食材の日持ちを良くします。まるかんの看板メニューである「ソフト干物」とは、身はフワフワで皮はパリパリの美味しさです!その旨さの秘訣は、冷却と再熱(あん蒸)を切り替え、魚に冷風を均一に送風しているため乾きムラがほとんどありません。食材の水分を中心部からムラなく抜き取る事で食材の旨みが引き立ち、身に旨みが増幅されます。

北海道や石巻、塩釜などで水揚げされた朝取れの新鮮な鮮魚を店舗まで毎朝直送しております。自慢の石巻定置網素材は旬をいち早く取り入れてご提供。魚介類は当店独自の仕入れシステムで入荷を管理しておりますので、各地の旬ものを先取りできます。また当店自慢の築地から毎朝直送している国産本マグロも、旨みを熟成させた上でお出ししておりますので、他所ではなかなかこの価格帯でのご提供は難しいと思います。刺身なども料理長がそれぞれ異なる魚のコンディションと熟成具合を見ながらご提供しております。

食材の旨みをギュっと凝縮させた、魚を炭火で丁寧に焼き上げます。食材の旨さを引き出す職人の焼き加減も絶妙!カツオの藁焼きも大迫力の火力の中、職人が焼き加減を繊細に調整しながら焼き上げます。カツオは春先は初カツオ、秋から晩秋にかけては戻りカツオをご提供。また料理の旨さは食材のみならず、職人の熟練の技と圧倒的な火力の炎が素材の旨みを更に引き出します!

所々に宮大工が作り上げた欄間や桐材を使用し、喧騒から離れた落ち着いた上質の和の空間を演出しております。お席は「カウンター」「テーブル」「座敷」をご用意。当店の職人たちの技を間近で感じられるカウンター席は目の前で炉端焼きや藁焼きの臨場感も感じられます。個室のテーブル席は塩釜-石巻-女川-志津川-気仙沼-宮古-八戸-小樽-釧路-羅臼と三陸から北海道にかけての産地の名前になっております。羅臼-掘りごたつ席(座敷)は、プライベートを妨げない、ゆったりとくつろげるお部屋になっております。